阿見町商工会青年部 - 青年部について

阿見町商工会青年部
最新情報 青年部について 部員のお店 研修委員会 厚生委員会 部員増強委員会 広報委員会 掲示板

メニュー


阿見町商工会青年部

ケータイサイト

QRコード

青年部について

 阿見町商工会青年部 部則

名称 第1条  本青年部は、阿見町商工会青年部と称する。
事務所 第2条  本青年部に事務所を、阿見町商工会内におく。
組織 第3条  本青年部は、阿見町商工会の会員、又はその親族であり、
その会員の営む商工業に従事する40歳未満の者をもって組織する
目的 第4条  本青年部は、部員相互の親睦と団結を図り、地区内商工業の
発展に寄与することを目的とする。
事業 第5条  本青年部は、第4条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 講習会、講演会、研修会の開催。
  2.税務、金融、経理、その他経営常の諸問題の研究。
  3.商工会の行う経営改善指導事業、一般事業に協力し、その発展を期する。
  4.その他商工業振興に必要な問題の研究。
役員 第6条  本青年部員に役員15名をおく。
役員の職務 第7条   1.部長は本部会を代表し、部会の業務を総理する。
  2.副部長は部長を補佐し、部長事故ある時は、その職務を代理する。
  3.役員は部長および副部長を補佐して会務を掌理する。
  4.監事は本部会の業務および会計の状況を監査し、
その結果を総会に報告する。
役員の任期 第8条  役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
総会 第9条   1.総会は、通常総会、臨時総会の2種とし、部長が召集する。
  2.総会は、事業年度終了時より3ヶ月以内に開催する。
  3.臨時総会は、部長必要と認めた時召集する。
  4.総会は、部員の半数以上の出席が無ければ、開くことが出来ない。
役員会 第10条  役員会は、全役員とし、必要の都度部長が召集する。
事業年度 第11条  本部会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。
入会及び脱会 第12条  入会及び脱会は、自由とする。
会費 第13条  部費は、年額5,000円とする。
顧問及び相談役 第14条  本部会に、顧問及び相談役をおくことが出来る。
見舞及び弔慰 第15条  部員が死亡その他事故のあった場合には、次のとおり支給する。
  1.病気見舞
    本部員が、病気または負傷のため10日以上の入院又は
    1ヵ月以上病気転地療養の場合…3000円(病気見舞)
  2.弔慰
    本部員が、死亡した場合…5,000円(香料)
    配偶者及び同居の親、子が死亡した場合…3000円(香料)
旅費及び日当 第16条  本部役職員が、職務のため出張した時には、旅費及び日当を支給する。
 旅費は、最も経済的な通常の経路および方法によって計算する。
    日当は次のとおりとする。
        町外…3,000円宿泊…10,000円
本則は、昭和48年11月8日から施行する。
  昭和50年6月17日一部改正
  昭和57年6月24日一部改正
  平成16年5月17日一部改正
Copyright ©2008-2009 NorenzPRO Ltd. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO